2008年03月09日

治療する為の4つの方法

変形性股関節症は股関節への負荷で進行します。
しかも関節軟骨は一度すり減ると元に戻す事はできません。
故に股関節にかかる負荷を軽減させ、痛みを暖和するなどして進行を遅らせることが治療の大きな目的となります。

治療法には、保存療法と手術療法があり、年齢や病状、痛みの度合いによって、どちらかを選択します。
病状が比較的軽い場合は「保存療法」で股関節への負荷を減らします。

保存療法には4つの方法があります。
1:「薬物療法」薬を使用する
2:「温熱療法」痛む部分を温める
3:「運動療法」股関節の筋肉を鍛える
4:「生活指導」股関節への負荷を減らすための生活改善

これらを組み合わせて行なうのが一般的変形性股関節症の治療方法です。

ニックネーム 変形性股関節症の治療方法 at 00:00| 股関節 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする