2008年03月09日

治療する為の4つの方法

変形性股関節症は股関節への負荷で進行します。
しかも関節軟骨は一度すり減ると元に戻す事はできません。
故に股関節にかかる負荷を軽減させ、痛みを暖和するなどして進行を遅らせることが治療の大きな目的となります。

治療法には、保存療法と手術療法があり、年齢や病状、痛みの度合いによって、どちらかを選択します。
病状が比較的軽い場合は「保存療法」で股関節への負荷を減らします。

保存療法には4つの方法があります。
1:「薬物療法」薬を使用する
2:「温熱療法」痛む部分を温める
3:「運動療法」股関節の筋肉を鍛える
4:「生活指導」股関節への負荷を減らすための生活改善

これらを組み合わせて行なうのが一般的変形性股関節症の治療方法です。

ニックネーム 変形性股関節症の治療方法 at 00:00| 股関節 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月13日

薬物療法

変形性股関節症を薬で治療する場合、「消炎鎮痛薬」を使用します。
投与する事で股関節の炎症と痛みを緩和します。
この薬は変形性股関節症の症状や痛みの程度によって、外用薬、内服薬、座薬など、使用方法が異なります。

貼り薬や塗り薬等外用薬の場合、副作用が少なく使いやすいですが、皮膚が弱いとかぶれを起こすことがあります。
内服薬は胃腸障害などの副作用が起こりやすく、胃腸障害を招く事もあるので、どうしても痛みを抑えたい時にだけ使用します。
座薬も痛みや腫れが強い時に使いますが、内服薬に比べ胃腸障害の発生が少ないといわれています。

消炎鎮痛薬を使っても痛みが緩和されない場合、ステロイド薬を関節内に注射する治療を行う事もあります。

ニックネーム 変形性股関節症の治療方法 at 00:00| 股関節 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月30日

市販のサプリメントについて

薬局やTVCMでグルコサミン、コンドトイチン硫酸が軟骨再生によいとうたわれています。
変形性股関節症の辛い股関節痛、できれば手軽に購入できる市販薬に頼りたいもの。
しかしその効果については今だ明らかではなく、医薬品として認可されていないのが実状です。

もし服用するのであれば、これらは痛みの改善の「可能性」があり、軟骨が再生するかどうかは今後の研究結果待ちという事を踏まえた上で服用しましょう。

ニックネーム 変形性股関節症の治療方法 at 00:00| 股関節 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月26日

温熱療法

患部を温めると股関節周囲の血行がよくなり、痛みが緩和します。
医療機関では患部を温めるための専用の機器がありますが、一般家庭では携帯用カイロや湯たんぽなどで温めるのも良いでしょう。
ズボンのポケットにカイロを入れておくのも良いですが、低温やけどには十分気をつけてください。

また、入浴でも同様の効果が得られます。
浴槽につかり、股関節の部分にとらわれず体全身を温めましょう。
入浴前後にストレッチングや筋力トレーニングを行なうとより効果的です。
どのようなストレッチを行なったらよいのかは担当医に相談しましょう。

ニックネーム 変形性股関節症の治療方法 at 00:00| 股関節 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月02日

必ずしも温熱療法が良いわけではない

股関節に腫れや熱感があるならば、温熱療法は行うべきではありません。
股関節に急性の炎症が起こっている場合があります。
この時患部を温めると、症が悪化してしまいます。
腫れや熱感を感じたなら、入浴も避けましょう。

股関節の炎症の可能性がある場合は、冷湿布で冷やす方が良いでしょう。
変形性股関節症時に起こる股関節の痛みは、患部を温めると緩和します。
しかし、その逆に冷やしたからといって悪化するわけではないのでご安心を。

変形性股関節症の温熱療法中、腫れや熱感もないのに症状が悪化した。
そんな時は骨腫瘍など他の病気が疑われます。
直ちに医療機関で担当医にご相談ください。

ニックネーム 変形性股関節症の治療方法 at 00:00| 股関節 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする